HISTORY

1954年(昭和29年)
長谷川卓治がメンズウェア「丸長莫大小」を創業。
妻かほるが縫製し、卓治がリヤカーを引いて問屋へ売りに回る。

 

1960年代
丸編み機10台を配備し、生地の編立てから縫製、卸売りまでの一貫事業を開始。

 

1969年(昭和44年)
会社名を「丸長繊維株式会社」へ変更し法人化。

 

1971年(昭和46年)
千葉県御宿町に自社工場を設立。

 

1984年(昭和59年)
長谷川直樹が2代目社長に就任。
社名を「株式会社マルチョウ」へ変更。

 

1990年(平成2年)
墨田区両国に本社ビルが完成。

 

1996年(平成8年)
海外コレクションブランドOEMを開始。
長谷川剛が入社、ものづくりに携わる。

 

1998年(平成10年)
御宿工場を閉鎖。

 

2000年(平成12年)
国内コレクションブランドOEM開始。

 

2008年(平成20年)
国内セレクトショップOEM開始。

 

2012年(平成24年)
それぞれのお客さまのニーズに応じた差別化提案を強化。

 

2014年(平成26年)
長谷川剛が3代目代表取締役に就任。
失敗事例だけを話し合う会議「QC(クオリティコントロール)会議」を開始。

 

2016年(平成28年)
多様化する製品ニーズに対応するため、パターン技術の強化を推進。
産地工場をグループ化した自社工場ネットワーク「MARUCHO-WORKS」を新設。

 

2018年(平成30年)
スマートファクトリープロジェクト開始。

 

2019年(平成31年 令和元年)
海外OEMプロジェクト開始。

 

2020年(令和2年)
多品種小ロット、カスタムオーダー対応。
スマートファクトリーを稼働。

看板
看板
看板