メニュー 閉じる
Slider

History

初代創業 長谷川卓治 代表就任

1954年 (昭和29年) 故祖父がメンズウェア「丸長莫大小」創業
祖母が縫製し、故祖父がリヤカーで問屋に売りに回る
60年代高度経済成長が進み、日本のファッションが広がりを見せる
1968年 (昭和43年) 現会長 長谷川直樹が入社
1969年 (昭和44年) 会社名を「丸長繊維株式会社」へ変更・法人化開始
大量生産・大量消費の時代を迎え会社も急速に発展する
1971年 千葉県御宿町に自社工場を設立
1971年 商社取引が拡大
1970年代のファッションブームと共に、生産量と共に会社規模も大きくなる

二代目 長谷川直樹 代表就任

1984年 (昭和59年) 現会長 長谷川直樹が2代目社長へ就任
社名を「株式会社マルチョウ」へ変更
DCブランド全盛期
1990年 (平成2年) 本社ビル完成
1991年 (平成3年) バブルの崩壊
1996年 (平成8年) 長谷川剛入社
中国生産が活性化 輸入浸透率50%
2008年 (平成20年) アパレルCADの導入
2011年 (平成23年) 円高により、生産背景の海外シフトが加速、国産産地空洞化始まる
差別化提案を強化
衣料品 輸入浸透率97%、国内供給率3%へ
2013年 (平成25年) 高級志向、高付加価値時代へ
国内回帰が始まる

三代目 長谷川剛 代表就任

2014年 (平成26年) 長谷川剛が3代目代表取締役へ就任
2016年 (平成28年) グループ自社工場 MARUCHO-WORKS新設
MARUCHO-WORKS 岩手
一般社団法人日本産業協議会「J∞QUALITY企業認証」を取得MARUCHO-WORKS 栃木
一般社団法人日本産業協議会「J∞QUALITY企業認証」を取得
2017年 (平成29年) アパレルCAD クレアコンポⅡ導入